タイプ別結婚相談所の特徴

ひとくちに結婚相談所といっても、複数のタイプが存在しています。おもなタイプの特徴を以下にまとめていますので、自分に合っているのがどのタイプの結婚相談所なのか確認してみましょう。

まず「仲人型」と呼ばれていることが多い結婚相談所があります。アドバイザーが付いてくれることにより、異性の紹介から成婚にいたるまで手厚いサポートを受けることが可能な点が最大のメリットといえるでしょう。反対にデメリットといえるようなこととしては、サポートやフォローが厚いぶん、ほかのタイプの結婚相談所と比較すると料金が割高になる場合が多いこと、アドバイザーの質が悪かったり自分と相性が合わなかったりすると、成婚率が多少なりとも低くなってしまうことが挙げられます。

仲人型以外の結婚相談所のタイプとしては「データマッチング型」といわれるものがあります。利用者自身のプロフィール、異性に希望する条件を登録し、結婚相手の候補となる人を探します。全国展開で会員数が万単位でいることや、パーティーなど出会いの場が提供されることがある点がメリットですが、仲人型のような手厚いサポートやフォローがないこと、異性へのアプローチは自分で行なわなければいけないことがデメリットとして挙げられます。

ほかの結婚相談所のタイプとしては「インターネット型」と呼ばれるものがあります。会員はプロフィールをサイトに登録し、異性のプロフィールなどを検索してアプローチ、相手がOKの場合に連絡先を交換することが可能な仕組みになっています。会うところまですべてネット上で完結すること、会員数が多いこと、ほかのタイプに比べて安いことがメリットですが、結婚に対し真剣みに欠ける人や、サクラが潜んでいるサイトもある点がデメリットです。